« こっちのライオン。 | Main | ニュースで揺れる独身心。 »

2011.07.25

あれって基礎じゃないと思う。

気がつくと今日は誕生日でした。

…んー、でも41回も重ねるとあんまり嬉しくもないなあ。

数セミの連載の関係でツイッターとかで『圏論』で検索をかけては眺めているのだが、今日「『圏論の基礎』が書店から消えた」なるツイッターまとめページがあるのを知った。現在絶版になっている圏論のバイブル(らしい)『圏論の基礎』の再販を求めているらしいのだが、そこはかとない不安が。。

みんな『圏論の基礎』を本当に「基礎」だと思っていないか?

あの本の原題は"Categories for the Working Mathematician"。つまり『圏論で数学の仕事(=論文を書く)したいならこれぐらい理解してくださいね』というシロモノであって、想定読者はあくまで数学者。まかり間違っても『プログラム勉強してます。Haskell勉強して圏論に興味持ちました。』なんて人が到底読める本ではないと思うのだけれど。、『圏論の基礎』再販を求める人の多くがプログラマ…。

…まあ、だからといって、「じゃ他に何か圏論のいい本ありますか?」と聞かれても答えられないトコロが悩ましいんだけど。数セミの連載はまだ始まったばかりだしなあ…。

|

« こっちのライオン。 | Main | ニュースで揺れる独身心。 »

Comments

amazonには元の英語の方は在庫があるようですね.ちなみに原題は「圏論を使って数学の仕事をしたい人の為の教科書」の意味だと思います(圏論自体の研究ではなくて).

Posted by: とも | 2011.07.25 11:32 PM

あ、会社の図書館で数セミみたよ。座談会みたいなやつ。
御大が座談会の誰だったのかすぐにわかりました。この後の連載で圏論知ってるとなにが嬉しくなるのかわかるのかな?

あ、遅れましたが誕生日おめでとうございまする。

Posted by: 小田原の人 | 2011.07.26 12:16 AM

>ともさま
そりゃ英語の方はありますわなぁ。
というか、英語だったら、もっと初心者向けのとか、コンピュータ屋さん向けのとか、一杯あるので。
正直、数学者以外の人には、日本語の『圏論の基礎』より英語の入門書の方がとっつきやすいと思うんですけどね。

>小田原の人さま
ああ、やっぱり分かりましたか。
この後の連載で圏論の嬉しさ…分かるのかな?分かるといいなあ…。

Posted by: いちのみや | 2011.07.26 05:27 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あれって基礎じゃないと思う。:

« こっちのライオン。 | Main | ニュースで揺れる独身心。 »