« 禁断症状。 | Main | カルチャーショック。 »

2011.01.26

たまには真面目なことを。

あまり真面目な話は書きたくないんだが。

内閣府が募っていた『最先端・次世代研究支援プログラム』、採用の予定が遅れることになったらしい。
こちらのニュースによると、『やっぱ一般人に分かり良い説明とかできなきゃだめだよね―』とかいう政治家の一言で、応募者に改めて書類を書かせるんだとか。

えーと、

馬鹿なの?

採用者だけじゃなく、わざわざ応募者全員に書類書かせるってことは、書類審査をもう一回やり直すってことだよね?5600人分。それがどんだけ無駄か分かっているの?
書類を書くのに1時間(おもいっきり少なく見積もりました)かかるとして、5600人がそれをやれば5600時間。たとえ時給1000円換算(これまたおもいっきり少なく見積もりました)したとしても、それだけで560万円。審査にも同じくらい時間と手間がかかるとすれば、それだけで1000万円以上の損失ですよ?もっと真面目に計算すれば、多分億のオーダーまで行きますよ?無駄じゃね?
しかも、恐ろしいことに、
正式に採用/不採用が決まるのがいつなのかアナウンスがないんですけど?
そんな状態でどーしろと。ずーっと通知が来るのをまって、ようやく採用通知が来たときには某国に先を越されてた、なんてことになったら目も当てられませんよ?
…まあ、たとえ『〇〇までに採用決定通知を出します』と言われても、
いつ再びちゃぶ台ひっくり返されるかわからないわけだけど。

いや、俺応募してないから関係ないとはいえ、これはさすがにちょっと酷いわー。

…こんな真面目なこと書きたくなかったけど、黙ったままだと布団の中で悶々として眠れなさそうだったので、こーしてブログに書いてストレス発散。
さて、寝るか。明日も忙しいし。

|

« 禁断症状。 | Main | カルチャーショック。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference たまには真面目なことを。:

« 禁断症状。 | Main | カルチャーショック。 »