« 寒い夜ですが。 | Main | 欝るんです。 »

2010.02.02

気持ちよくなるには時間がかかる。

今日と明日は修士論文の発表会。
ということで、朝から事務の人たちと発表会場のPCだのなんだのを設定する。

数学というとプレゼンは黒板、というイメージがあるが、修士論文の場合はそうでもないようで。パワーポイントだのPDFだのを使う人も多いそうな。まあ、発表時間がたった10分なので、黒板でやっている暇はないよなあ。ということで、発表用にプロジェクタとPC、書画カメラ、それにOHPのセットアップ。

…すいません、書画カメラあるのにOHPって必要なんですか?OHPシートに書く代わりに紙に書けばいいだけですよね?OHPシートって安くないし、準備も面倒くさいし、書画カメラだけでいいのでは?

…と事務の人に聞いたが、どーしてもOHPがいいと言う学生がいるんだそうな。うーむ、学生の要望を聞くのは良いことだとは思うのだが、国立大の財政も厳しい折、どうなんだろう?

午後。注文していたキーボードが到着。東プレのRealforceですよ奥さん!英語配列86キー。早速Macに取り付けてみるが問題なく動く。今まで使っていたMacのコンパクトキーボードよりちょっとでかく、かなり重い。早速キーを打ってみる。軽く、かつ打鍵感がしっかりとある。本体の重さがあるせいか、多少手荒に打ってもキーボード本体が動くようなことはない。さすが業務用に広く愛用されているキーボード…。なんだが、Macのキーボードとはかなり感覚が違うので、まだ真の気持ちよさにはいたっていない。まあ、家で使っているのがノートPCで、大学で使っているのがMacと、Macとキーボードの似ているSony VAIO。ぺちゃっとしたキーボードに慣れちゃっているんだよなあ。

ま、気持ちよくなるまでゆっくりと慣れよう。

|

« 寒い夜ですが。 | Main | 欝るんです。 »

Comments

そういや数学科の人って発表は黒板でするのが普通なのかい? しかし発表10分って短いね。僕らもっとなかったかな?修士の時。

Posted by: 小田原の人 | 2010.02.03 12:15 AM

>小田原の人さま

セミナーとかは黒板が基本ですね。ホワイトボードですら嫌らしい(よくわからん…)。
去年までは発表時間15分だったらしいですが、大学院重点化だのなんだので人数が増えたので今年は10分なんだとか…。

Posted by: いちのみや | 2010.02.03 05:17 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気持ちよくなるには時間がかかる。:

« 寒い夜ですが。 | Main | 欝るんです。 »