« 移行アシスタントを使ってみる。 | Main | リファクタリング・ウェットウェア »

2009.05.02

桁が違います。

大学から新型インフルエンザの注意が来た。
いろいろ書いてあるが、要するに、『ヤバイ国に行ったら、帰国後一週間は大学に来るな』ということらしい。
…パンデミック対策としては正しいんだけど、それって仕事にならないような
ヤバイ国にアメリカが入っているのが厄介なんだよなあ。
まあ、流行が沈静化するまで(または、日本国内に感染者が出るまで)の話なんろうけど。

「さきがけ」の公募書類を書いていて、「幾ら位お金が欲しいか」を書く欄があるのに今頃気づく。うーん、理論系だからなあー。コンピュータを使うのと、あとはRAを誰か学生にやってもらうとか程度だから、3年で一千万も貰っても使いきれないだろうし、500万ぐらいかしら。

と思いつつ、ホームページを見たら、大体3年で3千万から4千万円ですって。
金額が大きすぎて使い道が思いつかない…。計算機管理の仕事があるから海外に長期出張できないし、国内で短期出張繰り返し+人を呼ぶとかそんな感じで年間一千万…使えるんだろうか…?

|

« 移行アシスタントを使ってみる。 | Main | リファクタリング・ウェットウェア »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桁が違います。:

« 移行アシスタントを使ってみる。 | Main | リファクタリング・ウェットウェア »