« 今日も計算機三昧です。 | Main | ガジェット好きの憂鬱。 »

2009.04.11

行きにくい店に行ってみよう。

京大の学生だったとき、気になっていたがいけなかった店が一軒あった。
京大の西部地区、体育館などがあるブロックの南側にある真っ白な洋風建築物。フランス政府公認の施設、『関西日仏学館』。その中に『ル・フジタ』というレストランがあった。興味はあったのだが、この日仏学館の堂々とした佇まいは「学生なんて入っていいの?」という感じだし、『ル・フジタ』という名前からするにきっと料理はフランス料理。フランス料理といえば高価で学生に手が出る値段ではないはず、というわけで、結局一度も行くことはなかった。

で、現在、日仏学館の中の店はというと、『ル・フジタ』はなくなり、代わりに『ル・カフェ』という店があるとか。今の私の経済力なら学生時代には手が出なかったこの店にも行けるはず…たぶん。ということで、午後のティータイム、こちらの店に行って見た。

真っ白な日仏学館の木戸をおそるおそる開くと、左手にモダンでお洒落な20席ほどの喫茶スペースが。ここが『ル・カフェ』らしい。このモダンな感じは普通のカフェっぽいな。ちょっと安心。客層は、フランス人3割、日本人7割ぐらいか。日本人も結構フランス人とフランス語で会話している。やはりそういうところなんだな。席についてメニューを見る。んー、ランチは800円からあるのか。意外とリーズナブル。とりあえずティータイムなのでケーキセットとか見てみる。本日のケーキ350円。ドリンクとセットだとドリンク代は100円引き、と。ええと、とりあえず珈琲の値段を見る。珈琲一杯、150円(単品価格)

…マクドナルドか!?

いや普通、珈琲一杯150円の喫茶ってありえませんから!しかもケーキセットで100円引くと実質50円て!よく見ると、珈琲に比べて紅茶の種類が多い。フレーバーティで7、8種類ぐらい?やはりフランスといえば紅茶なんだろうか。いや、だからって、この価格は…。

動揺しつつ珈琲とケーキのセットを注文。

2分ぐらいで品物到着。早いなおい。まだ動揺がおさまってないんだけど。

珈琲は…うん、普通に美味しい。ケーキはプラムのケーキという話だったが、タルトにプラムの入ったプディングを載せたもの…なのかな?甘いプディングにプラムの酸味がアクセントになってて悪くない。悪くないんだが、コーヒー一杯150円のインパクトが頭から抜けない。いやありえませんってその価格!

|

« 今日も計算機三昧です。 | Main | ガジェット好きの憂鬱。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 行きにくい店に行ってみよう。:

« 今日も計算機三昧です。 | Main | ガジェット好きの憂鬱。 »