« 求めるものは身近にあったり。 | Main | 丁度半分ぐらいですか? »

2009.03.22

物理学会のプログラムに毒を吐いてみる。

ああ、来週から学会か。今になって追加で数値計算しておきたいことが色々と出てきたんだが、今から計算して間に合うか…ううん、27日からだから、26日の午前中ぐらいまで頑張ればなんとかなる…かなあ。

そういえば物理学会のスケジュールをチェックしていなかったので、チェック。ああ、今回は年会なので、専門分野以外の人向けのレビューセッションがあるのか。ええと、「巨大磁気抵抗」に「近藤効果」に「カーボンナノチューブとグラフェン」「表面とナノ物性」「クォークマター」「超対称理論」の6つか。

…ん?
えらく対象が偏ってないかこれ?

ジャンル分けすると、最初の三つは固体電子(3つ目は微妙だが、講演者が固体電子系の人なのでたぶん固体電子系)、「クォークマター」「超対称理論」は素粒子論系、「表面とナノ物性」がそれ以外。

さすがにこれは偏りすぎでは…。他にも色々テーマはあると思うんだけど。ぱっと思いつくだけでも高分子、生物物理、量子エンタングルメントと量子テレポーテーション、天体核、液晶、プラズマ、流体etc。固体電子の枠を一つ減らして、そういったものから1つぐらい入れたほうがいいのでは…。

…と思ったけど、冷静に考えると、日本物理学会の学会誌って掲載論文の半分ぐらいは固体電子関係だったか。それならこの状況も当然…なのかな?でも、このレビューセッションだと「聞きたいセッションが同時に2つ以上あって困る人」と「聞きたいセッションが1つもなくて困る人」がたくさん出そうな気がするんだけどなぁ。

|

« 求めるものは身近にあったり。 | Main | 丁度半分ぐらいですか? »

Comments

一宮さん。物理学会の領域が幾つあってその分野がどうなっているか、それと前回の講演者を考えて下さい。高分子と生物物理、液晶は領域12なので前回の講演で終わっています。流体に至っては領域11の中でも絶滅危惧種です。天体も前回で終わっていますね。物理学会の8割は物性で、その中の8割は電子系で、そのうちの8割は実験です。よくご存知でしょう。

Posted by: hh | 2009.03.22 11:10 PM

>hhさま

ええ、人数的に電子系が圧倒的に多いのは承知していますけれど、人数に合わせることが良いことか、と言われると、私にはそうは思えないんですよ。

もっとも、それは少数派の意見である、と言われれば、反論のしようもありませんが。

Posted by: いちのみや | 2009.03.23 05:37 AM

それは説得力がないです。素核宇宙で半分ということを提案しましたがそれすら通りませんでした。(ノーベル賞の数から判断しても)聴衆からしたら素核宇宙が半分以下が望ましいでしょうね。物性のノーベル賞の意義が分かりにくいとか、スケールが小さいとか、いつも文句を言われることを反映しています。しかし生物物理はないです。流体は領域11の代表であるかもしれません。(因みに領域11の統計力学関係は数学会と物理学会の合同講演会でガス抜きをしているので優先順位が下がります。次は流体の人と見ています。)量子情報と光関係は人がいない上に、前回植田さんが喋っていますね。当分回ってきません。

固体物性にも明るい一宮さんがご自分の意見に偏りがないと判断されたら物理学会会長になって改革を断行して下さい。なかなか難しいと思いますよ。そもそもこの手の講演会は回を追う毎に講演者の選定が難しくなります。

Posted by: hh | 2009.03.23 09:16 AM

田崎です。

「やっている人数に比例」というのは民主的な解だけれど、食堂でいえばデニーズや吉野家ばかりを紹介するというのと同じこと。
「皆が聞きたがっているものを」というのがいいのだけれど、実際に企画するのはきわめて難しい。企画する人が自らのセンスを前面に出してテーマが決められるような体制がいるけれど、物理学会のように、異なった領域がお互いに口を出さないでいるような状況ではきわめて厳しい(ちなみに、数学会との合同セッションは、企画する人のセンスがかなり出て成功した例だと思う(全体講演はだめだったけど))。
けっきょく、こういうトップダウンのレビューセッションをやるということ自体が間違っているというのが、ぼくの(当初からの)意見。それよりは、各々の分野で、一般会員を意識した魅力的なシンポジウムを企画するほうがずっといいんではなかろうか?

Posted by: たざき | 2009.03.23 05:26 PM

もう少し詳しく言えば、領域委員会では素核宇宙3、物性3にしようということになっていましたが、もうちょっと上の組織で2,4という比にすることが決まっています。また講演者選定はトップダウンではなく(領域からの)ボトムアップです。トップダウンだともう少し偏っているけど面白いラインナップになっていると思います。

Posted by: hh | 2009.03.23 08:36 PM

>たざきさま
>hhさま

裏の事情を色々とありがとうございます。
まあ、言うまでもなく、私の意見は偏っていますから。というか、偏っているぐらいでないと面白くない、と思ってますから。だから大抵の物理学会の会員とは合わないでしょうねえ。
しかし物理学会ほど大きな組織だと色々大変なんですね…。

Posted by: いちのみや | 2009.03.23 09:42 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 物理学会のプログラムに毒を吐いてみる。:

« 求めるものは身近にあったり。 | Main | 丁度半分ぐらいですか? »