« 見えない虫はそこにいる。 | Main | ホームなのにアウェー感。 »

2009.02.24

新しいコンピュータに絶望する。

昨日納入された、新型計算機。
今日、動作チェックが終了して、無事に大学のものに。
8コアなCPUを32個搭載、メモリが256GのHDDが6TBな、かなり高性能なマシン。
さすがは高い金だしただけあって、スパコンとまではいかないけれど、数学教室にとってはかなりな性能です。

というわけで、管理者特権として早速自分のソフトをコンパイルしてみる。コンパイラも当然gccなんかより遥かに高速なコードを吐いてくれる、PGI社製のコンパイラが入っています。

が。
コンパイルでこけました。

…あれ?
エラーメッセージを見てみましょう。

『boost++のublasライブラリはこのコンパイラではサポートされてへんねん。諦めや~』

…絶望した!ublasのサポートの狭さに絶望した!
ぐぐる。コンパイルできないのはコンパイル前のプリプロセッサでチェックしているせいであって、システムのヘッダファイルを書き換えて無理やりコンパイルを通す技があるようだ。が、大変そうだなあ。私個人で使うシステムなら、書き換えてやるんだけれど…。AMDのCPUだからintel compilerを乗せても遅いだろうし、gccだとやっぱり遅いし…。ううむ…。

|

« 見えない虫はそこにいる。 | Main | ホームなのにアウェー感。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新しいコンピュータに絶望する。:

« 見えない虫はそこにいる。 | Main | ホームなのにアウェー感。 »