« 年末は雑用の塊です。 | Main | あけまして。 »

2008.12.30

益川先生のようになりたい。

明日は朝から実家に帰る予定なので今日が仕事納めかなーと思いつつ大学へ来て見たら、論文の最終校正をしろとのメールが。ううむ、予定では12月31日と聞いていたが、それよりも速かったか。さすがにいくらなんでも大晦日は海外でも休みだろうしなあ。

しかし、明日から私は休みの予定なので、今日中に校正を済ませないと返事を出すのがかなり遅れてしまう。ということで一生懸命校正。ああ、自分の英語を読むと、全部書き直したくなるなあ。そーいえばノーベル賞を今年受賞された益川先生は英語が全然駄目という話だが、論文の校正とかどうしているんだろう。やはり共同研究者に書いてもらっているんだろうか。いいなあ、益川先生。私もそのような身分でありたい。

…などと愚痴っていても仕方がないので論文をチェック。げ、共著者の名前を間違えている…。しかも自分の書いた元の原稿から。何をやっているんだ私は…。

そんなこんなでなんとか校正を終えて、メールで送付。やれやれ、これが今年の最後のお仕事か。あとは、明日の朝に下宿のごみ出しと部屋の掃除を軽くして、実家に帰るだけ、かな。

思い返すと、今年はいろいろあったなあ。特に9月以降の忙しさは人生初のレベルだった。
まあ、来月になると少しは楽になると…と毎月言っているような気がするが。
とりあえず、皆様、よいお年を。

|

« 年末は雑用の塊です。 | Main | あけまして。 »

Comments

益川さんは英語を放棄しています。最後の論文が84年というのも偉くなりすぎて英語を書いてくれる若手同僚(共同研究者)が見つからなくなったためです。伝聞によりますと益川さんの論文は他にも非常に優れたものが多々あるとのこと。益川さんがアメリカ人かイギリス人だったらもっと沢山いい仕事をしたでしょう。

Posted by: hh | 2008.12.30 08:18 PM

>hhさま

そうなのですか、なんともったいない。
せめて『素粒子論研究』みたいな日本語の雑誌にでも投稿してくれればいいのに…。

Posted by: いちのみや | 2008.12.31 06:28 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 益川先生のようになりたい。:

« 年末は雑用の塊です。 | Main | あけまして。 »