« point of no return | Main | そろそろ真剣に手を抜きたい。 »

2008.11.07

また一段、嫌いになりました。

今日はTeXの相談を受けたりコンピュータの備品管理を手伝ったり(ま、書類に『Lenovo』って書いてあったら、知らない人はIBMのロゴがついているとは思わないよなあ…)、新しいウェブサーバ立ち上げに関するミーティングに出たり、ノートン先生なアンチウィルスソフトをインストールしまくったり、と殆どコンピュータ管理の仕事で一日が過ぎたわけですが。

それはあるマシンにノートン先生をインストールしようとしたときのこと。
以前の古いバージョンのノートン先生が入っているマシンだったのですが、自社製品だし、きっと以前のバージョンは自動的にアンインストールしてくれるであろう、とインストールプログラムを起動させたわけですよ。
勿論期待は裏切られましたが。
ま、それはよろしい。ノートン先生、そこまでの細かい配慮はしないだろう、というのは期待はずれですが予想通りです。
で、以前のアンチウィルスを手でアンインストールしようと思い、コントロールパネルを見たわけですが。
なんで3本もソフトがインストールされているんですか?ノートン先生
ソフトの名前から推察するに、アンチウィルス本体と、アップデート用のソフトと、アップデート通知用のソフト。なぜアップデート用とアップデート通知用が分離されているのかわかりません
とりあえず、通知用のソフトを削除しようとしました。
『このソフトは他のソフトのために必要なので削除できません』と反抗しやがりました。
…仕方がないのでアンチウィルスソフトから削除かけます。削除プロセスの進行を示すバーが現れました。

一分後。20%ぐらい進みました。
さらに一分後。さらに19%ぐらい進みました。

…牛歩戦術ですか!?アンインストールを阻止するための牛歩戦術ですか!?
なんでアンインストールでこんだけ時間がかかるのか。
それでも我慢すること数分。ようやくアンインストール終了。続いて2つ目です。アップデート通知ソフトとアップデートソフト。どっちが先でしょう。

とりあえず、通知ソフトを削除しようとしたら、『このソフトを使うソフトがあるから駄目』といわれました。

アップデートソフトを削除しようとしたら、『このソフトを使うソフトがあるから駄目』といわれました。

これはもしかして、Aを消す前にはBを、Bを消す前にはAを消さなければいけない、というパターンでしょうか。あー、昔『新世紀エヴァンゲリオン』で、2体同時に倒さないと復活するとかいう敵がいたなー。確かあの時は2体を同時に攻撃することで倒したのでした。今回も同時に消せばいいんですねきっと。

…どうやって?

結局、出てくる警告を無視して無理矢理削除。なんとか削除して新しいノートン先生のインストールに成功。

しかし、まさかここまでノートン先生が頑強に削除に抵抗するとは驚きました。
牛歩戦術なんてまるで国会議員クラスのテクニックを使ってくるとは。

まあ、お陰でまたノートンが一段嫌いになりましたが。

|

« point of no return | Main | そろそろ真剣に手を抜きたい。 »

Comments

通知ソフトとかはインストールされてる方がバージョンが上のこともあるので、そのままでも何も言われなかった気がします。

インストールしてからアンインストールする、の手順の方が早かったかもしれませんねぇ。
勝手にアンインストールしてくれたような気もするし。

Posted by: tae | 2008.11.10 09:59 AM

>taeさま

実はうちの場合は、
・もともと入っていたの個人向けのノートン
・新しく入れるのは企業向けのEndpoint

というのが問題でして、こーなっていると勝手なアンインストールもしないし、インストールしようとしても『他にシマンテック製品入っているから先に削除してね』と言われてインストールできないんです。

おんなじ会社の製品なんだからなんとかしてよ、と思うんですが。

Posted by: いちのみや | 2008.11.11 05:47 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference また一段、嫌いになりました。:

« point of no return | Main | そろそろ真剣に手を抜きたい。 »