« 疲れが抜けねぇ。 | Main | 非常勤の憂鬱。 »

2008.06.09

脳科学者、株を下げる。

雑談で、「茂木健一郎が大槻義彦に叩かれている」という話になった。
ネタは月刊テーミス6月号。ウェブで全文が読める
昔、『脳とクオリア』を読んだとき、あまりピンと来なかった。認識論とか哲学としては『クオリア』という概念を導入するのはありだと思うが、科学ではない、というのが正直な感想だった。実験での検証も新しい現象の予想も出来ない内容だったからだ。その点では、今回の大槻氏や斎藤環氏のコメントには同感である。
しかし、この記事の斎藤氏のコメントは凄い。『脳科学者の世界は“屑籠”状態で誰でも脳科学者を名乗れる』んだそうな。いやさすがにそれは言い過ぎでは。
と、思ったのだが。
同じく、脳科学者の池谷裕二氏が『タバコは肺がんの原因ではない』などと言っているのを見ると、あながち言い過ぎではないかも、という気分になる。しかもその根拠はというと、単に論文を誤読しているだけとなるとなおさら。
…まあ池谷氏の場合は、専門とずれた分野の論文を十分時間をかけずに読んだせいだろう。“屑”で東大准教授になれるほど甘くないだろうし。とはいえ、脳科学者に対する印象というのが悪くなるのはどうしようもない。うちの近所にも脳をやっている人はいるが、そーゆー人たちは是非名誉を回復すべく頑張っていただきたいもんである。

ちなみに私は、脳の研究をする気はあまり起きない。
面白くないからじゃなくて、私には適切な問題設定ができそうにないからだ。

ちょっと複雑すぎるからねぇ。

|

« 疲れが抜けねぇ。 | Main | 非常勤の憂鬱。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 脳科学者、株を下げる。:

« 疲れが抜けねぇ。 | Main | 非常勤の憂鬱。 »