« コンビニが潰れました | Main | わかります、ヘヴィサイドさん。 »

2008.05.02

クロワッサンで考えた。

夜。無性にクロワッサンが食べたくなったので札幌駅の『Cafe Croissant』へ。

ああ、普段安いパンしか食べていないからクロワッサン美味しいわ。朝の食パンは6枚切り88円とスーパーで一番安い奴しか買うてへんからなあ。いくらフレンチトーストにしたりシナモントーストにしたりして誤魔化しても、やっぱ基本の味が違うと違ってしまうわ。

でもクロワッサンって、食べているときにボロボロと崩れるのが嫌なんだよなあ。なんとかならんもんだろうか、と考え出す。クロワッサンの魅力は外のサクサク感と中のしっとり感との対比にあると思うので、やはり外のさっくり感は残したい。しかしサックリしつつ、しかもぽろぽろと零れない、というのは矛盾している…いや、まてよ、内部の生地はしっとりしているわけで、これをツナギという形で使えればサックリしつつ崩れないように出来るかもしれない。つまり、断面構造で言えばレンコンのような構造。一番外側が固くポロポロになっても、レンコンの内部構造がそれを支える。クロワッサンのもう一つ重要な点は生地と生地の間にしっかりと空気を含むことだが、この点もこのレンコン構造はクリアしている。

問題はレンコン状に生地を整形する方法がないことだけだ。

…ダメじゃん。

|

« コンビニが潰れました | Main | わかります、ヘヴィサイドさん。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロワッサンで考えた。:

« コンビニが潰れました | Main | わかります、ヘヴィサイドさん。 »