« 新学期。 | Main | 時差なんて嫌い。 »

2008.04.08

納得いかない食べ物。

夜。フィットネスで体を動かした後、蕎麦を食べながら、思った。

蕎麦湯って何だろう?

いや、勿論蕎麦の茹で汁であるというのはわかっている。
しかし、わからないのは、何故それが食用であるかだ。
うどん帝国である関西にずっといた私は、蕎麦といえば立ち食い蕎麦程度しか食べず、当然蕎麦湯など知らなかった。初めて蕎麦湯を見たのは大学のときだ。そして蕎麦湯を見たとき、どうしたらいいのか全く見等がつかなかった。勿論今では判っている…と、思うのだが、正しい食べ方を人に聞いたわけではないのであまり自信がない。

それはさておき。

パスタ、ラーメン、うどんなど数ある麺類の中で、唯一蕎麦のみが、茹で汁を食用に供しているわけで、一体どこの誰がこのようなことをの考えたのか全くわからない。つけ汁で食べるのと関係あるのかとも思うが、ラーメンの変種であるつけ麺と比べても、最後に専用のスープで割るつけ麺と蕎麦を比べると、やはりそれだけではないように思われる。

ぶっちゃけ、『茹で汁を食べ物として出す』というのが納得いかないのだよなあ、未だに。

|

« 新学期。 | Main | 時差なんて嫌い。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 納得いかない食べ物。:

« 新学期。 | Main | 時差なんて嫌い。 »