« 王者の憂鬱。 | Main | 地方限定褒め言葉。 »

2007.07.16

今日の読書。

ううむ、新潟の方で地震があったのか。うちの研究所は震度6なら間違いなく潰れると言われる脆弱な建物なので他人事ではない。

今日は祝日なので研究は早めに切り上げて、大丸のブックス&カフェへ。コーヒーを飲みながらドーキンスの最新作『神は妄想である―宗教との決別』を読む。一時間以上かかってようやく3章の始めぐらいまで読んだが、内容はタイトルの通り、無神論への勧誘書といった趣。もともと無宗教な日本人にはピンとこない部分も多いが、アメリカでは無神論なんて言おうものならヒトデナシ扱いされるんだそうなので、こんな本を書くこと自体が大冒険らしい。うーん、アメリカに行ったときも私は周りからそう見られていたんだろーか。
大抵の日本人は読者の対象からはずれている(基本的に攻撃対象はユダヤ教、キリスト教、イスラム教なので、その辺の信者が対象かな?)せいか、私にはくどいと感じるところが多い。まあそれでも興味深いことは興味深いんだけど。

|

« 王者の憂鬱。 | Main | 地方限定褒め言葉。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今日の読書。:

« 王者の憂鬱。 | Main | 地方限定褒め言葉。 »